FC2ブログ

旅とパチンコ

僕は旅とパチンコが大好きでした。

旅行で初めて行った土地ではまずパチンコ屋の看板に目が行っていました。
電車の車窓からパチンコ屋の建物が見えると、こんなところにお店がとか、これは全国チェーンのホールだなとか、ショッピングセンターが隣にあるから相当集客できそうだなとか思っていました。

過去に住んでいた街を10年振りに訪れた際には、よく通っていたホールは必ずのぞいていました。
のぞくだけでなく、昔の思い出をかみしめなながら長時間台の前に座っていました。

昔の友人に会う約束をしていてもスロットの連チャンが止まらないとなかなか止められず、約束の時間を過ぎてしまうこともありました。

また、せっかく友人に何年振りかに再会できたのにスロットをもっと打ちたいばっかりに会う時間をさっさと切り上げることもしてしまいました。

わざわざ遠くから私に会いにきてくれた方に対して、私は義理を欠くような最低の人間になっていました。

旅先でも二度とパーラーに立ち入らないで、自分にプラスになるような旅の楽しみ方をしたいと思います。

脱パチンコ61日目です。
スポンサーサイト



「パチンコが街を元気に」??

私がよく通っていたパチンコ屋の壁に大きく書いてありました。

「パチンコで街を元気にします」

本当に元気にできるのでしょうか?

確かにパチンコで勝ったときには自分は元気になったかも知れませんが、圧倒的に負けた回数が多くがっかりした経験がほとんどでした。

私だけではないと思います。

せっかく稼いだ給料をパチンコで短時間で失ない、元気が出るどころか自分の失敗を悔やみ、またいつも出していないパチンコ屋に恨みを持つ人も大勢いると思います。
パチンコ台を叩き出入り禁止になった女性客もいます。

パチンコ屋に行かないで他の好きなことに熱中した方が元気になると今は思います。

脱パチンコ2ヵ月達成しました。


休みはアルバイト

パチンコ依存症の時には、休みの日には朝からパーラーに並ぶのが日課でした。

調子の悪い日には午前中で3万を失うこともありました。

調子が良く座ってすぐに当たりを引く日もありました。そのまますぐに帰ればプラスですが、意志の弱い私はそれが出来ませんでした。

結局出玉を全部飲まれ、追加投資で大きくマイナスするパターンがほとんどでした。

すぐにパーラーを後にできないのは、せっかくの休みだから思う存分パチスロを打ちたいからでした。

また、家に帰ってもとくにやりたいことがなく時間をもてあましていたからです。

このように休みの日はお金と時間を浪費していつも後悔しておりました。

パチンコを止めアルバイトをしてから休みの日は充実しています。

当然お金も減りません。

今日は本業は休みです。今から時給680円のアルバイトに行ってきます。

パチスロサービスタイムにだまされた

「15時からサービスタイムに入ります。この台は3千円で当たります。」とパチスロ店員に言われた。

本当だろうか。

脱パチンコしてまもなく2カ月、ここでまた打ってしまったら今までの頑張りが全てパー、でも打ちたい、、、。

本当に3,000円で当たるならと、とうとうお金をサンドに入れてコインを借りてしまった。

パチスロ打ってしまった、千円、二千円、三千円、当たらないじゃないか!

やられた、だまされた、でももう遅い。

心から悔しい思いをして、思いっきり後悔したところで、

目がさめた。

夢でよかった。

油断大敵。パチスロ新装開店のチラシ要注意!!

離婚届用紙があった


探し物をしていて、嫁の書類箱の中から未記入の用紙をたまたまみつけてしまいました。

嫁は私のパチンコ依存症に嫌気をさし、本気で離婚を考えていました。

私は7月までそんな気持ちを顧みることなくパチンコを打ち続けていました。

嫁と娘に出て行かれ、自分にとって何が大切なのかがやっとわかりました。

そして、私は30年続けたパチンコを止める決意をしました。

私の決意を信じてくれ二人は家に戻って来てくれました。

パチンコパチスロから足を洗い、今借金返済を頑張っています。

家族と一緒にいられる幸せを毎日感じております。

離婚届を二度と目にすることがないように脱パチンコを一生続けます。

脱パチンコ59日目です。

借りるなっつうの!

私が35歳位の頃です。

当時からパチンコ依存症であり、キャッシング依存症であった私はお金を借りられるところならどこへでも連絡し、電車に2時間位乗ってお金の工面をしておりました。

その頃はネットでの契約ではなく、電話での申し込み、審査でしたのでスポーツ新聞のサラ金広告を細かく見て借りられそうなところに何か所も連絡しておりました。

借り入れ件数が増えるとなかなか審査が通らなくなるのですが、パチンコをしたいがばっかりに借りられるまで何社も何社も電話で申し込みを続けました。

それでも新規で借りられない場合には、既に契約して毎月返済しているサラ金に再融資のお願いをしました。
まだ返済を開始して2カ月目の店にもずうずうしく電話をしました。

見事融資が可能となると大喜びして、ありがとうございますとサラ金にお礼を言っていました。

そうこうしている内にどこも貸してくれる業者がなくなりました。
過去に再融資をしてくれた業者も、返済件数も金額も一向に減らず借金を何度も繰り返す私の愚かな行動に呆れてたのか、「借りるなっつうの!」とお叱りの言葉をくれたのでした。

今思うと当時私は本当に身勝手で異常な行動を取っていました。
まるで借金することを趣味のようにしていました。

パチンコは金銭感覚を麻痺させ人格を変えてしまいます。

スロットしている夢を見た・・・

脱パチンコ57日目です。

昨日は性懲りもなく一人でスロット店でうろうろしている夢を見ました。
台の描写もリアルで、1台1台大当たり回数の確認までしていました。
2,3回当たって、コインを箱に入れて次の台を探していました。
台を物色しながらも、ここで打ったら今までの脱パチンコの頑張りが無駄になる、と心の中の葛藤もありました。

昨夜普段飲まないウイスキーを飲んで少し酔っぱらったせいだろうか。
まだ自分の中にパチンコエゴは生きている。

油断はできない。


エキストラのアルバイト

私は、30代の頃にタレント事務所に所属してエキストラとしてドラマや映画に何度か出た事があります。

もともと役者になる夢もあって、有名な芸能人と仕事をできるのが楽しくてしょうがありませんでした。

本当の目的は休みの土日も仕事をして、ふらふらとパチンコ屋に行かないことでした。

エキストラの仕事は10時間拘束で日当4000円位でしかも交通費は出ませんでした。

この仕事だけで生活するのは厳しい待遇でしたか、私は時間を無駄にすることなくパチンコから意識を遠ざける事がつできました。

ロケ弁は毎回出して頂きましたが、ジャニーズ事務所からの差し入れのサンドイッチが最高に美味しかったです。

パチンコ資金を求めて

パチンコで負けがこむと頭が麻痺して理性がぶっ飛びます。

自分でパチンコの限度額を決めてストップできる人なら大丈夫でしょうが、そうでない人はお金がなくなれば私のように借金を増やす結果になると思います。

夜10時すぎまでパチンコを打ち資金がなくなり夜の街をコンビニを目指しよく走ったものです。

使えないと思っていたクレジットカードでキャッシングができて大喜びしていました。

「よかったぁ、まだパチンコできるぞ。」

その日を打ち止めする機会を失ない、さらに借金を増やしていったのでした。

パチンコ屋にATM

東京に行ったときに初めて見ました。

パチンコ店の1階の階段下にひっそりとATMが設置してありました。

地元はもちろん、私が今まで行ったパチンコ屋では店内にそれが置いてある店には入ったことがありませんでした。

都会ではこれが普通なのでしょうか。私は過去パチンコパチスロで大負けして軍資金がなくなった際には近くの銀行やコンビニに走りました。

多い時には3往復しました。
「くっそー、もう1回お金をおろして勝負だ。ここで勝てば取り返せる、大丈夫だ。」と自分に言い聞かせながらATMのボタンを操作していました。

2万円単位でおろし、あっという間に返せない金額になっていましたが完全に麻痺していた私には理性は吹っ飛んでいました。
過去の経験だと、ATMにお金をおろしにいったときはまず負けていました。しかも高額を。

それでも長時間打つと当たりを一度は引き、いくらかは取り返せることもありました。
そんなときにいつも思ったこと、
「あのとき止めずに打っててよかった、10万負けるところを2万円の負けですんだ。」
完全にお金の感覚が麻痺していました。

生活費の見直し  保険の解約

脱パチンコ53日目です。

パチンコ屋へ行かなくなってから今までの膨大な出費がなくなりました。

でも生活を立て直すためにはまだまだ見直しが必要で、毎月当たり前のように支払っているものを再度見直ししてみました。

すると、自分の収入に見合っていない生命保険料がありました。

義理で入ったもので、あまり保険の内容をわからないまま毎月高額な保険料を支払い続けていました。

もしものためにと契約したものでしたが、今は借金の返済が優先なので保険を解約することにしました。

収入が増える見込みがないので、高い固定費から手を付けるのがよいと判断したからです。

笑うせぇるすまんに笑われる

脱パチンコ52日目です。

昨日の新聞にいつものようにパチンコ新装開店のチラシが入っていました。

いつも見ないようにしているのですが、昨日は新機種の絵が目に入ってしまいました。

そこには私が以前大好きだった「笑うせえるすまん2」が出ていました。

一瞬心が揺らぎました。「少し打つだけなら大丈夫だよ、、、」  パチンコエゴの悪魔の誘惑です。

ここで負けてパーラーへ行ってしまったら私の負けです。

きっとモグロに言われるでしょう、「フォーッフォッホ、またパチンコを打ってしまいましたね、ドーン!!」

結局、私は昨日も負けずに、ビールを買ってまっすぐ帰宅したのでした。

パチスロの中古台 オリエンタル2

私か30歳の頃パチスロの中古台を通販で購入して部屋で遊んでいました。

パチスロを打ち始めたばかりの頃で、店だけでなく一日中打ちたい程狂っていました。

設定を6にして、ボーナスが連ちゃんするのを一人で喜んでいました。

でもすぐに飽きました。

所詮はゲーム、いくらコインを出しても両替できないのでつまりません。

そのうち台は埃をかぶり、私は以前に増してパチスロ店に通うようになりました。

脱パチンコをしようと中古台やゲームで遊ぶのは逆効果、必ずリバウンドすると思います。

リボリボくん

「リボリボくん」とは嫁が私につけたあだ名です。

パチンコ依存症だった頃、私はパチンコがしたいがためにあらゆる金融機関より借金をしまくりました。

大手サラ金、街金、クレジットカードショッピング枠買取業者、高金利の短期貸金業者、また闇金にも一度だけ手を出し警察にお世話になったこともあります。

何度も金融業者を利用すると金利がいかに高いのかを実感できるようになり、後半はサラ金には手を出さずクレジットカードのキャッシング枠だけを利用していました。

また、パチンコ依存症になると金銭感覚が麻痺し、お金がないのにクレジットのリボ払いでばんばん買い物をするようになりました。

いつの間にかショッピング可能枠の70万円が自分の財布のようになっていました。

そうして必要でない物もインターネットで簡単に買える手軽さから、ショッピング枠いっぱいまで買い物をしていました。
さらに、借金の返済をクレジットカードで返済するという自転車操業の状態にもなっていました。

リボ払いは金利が高く、金銭感覚を麻痺させます。

私は脱パチンコを決意したときにクレジットカードを全て嫁に渡しました。

脱パチンコ50日目達成しました。今ではもうリボリボくんと呼ばれません。

夢の中でのパチンコとの戦い

私がパチンコを止めるきっかけとなり、今でも読み返している本があります。

その本には「パチンコエゴ」という言葉がよく登場します。

パチンコの誘惑に負けて打ってしまうという意味です。

私が30年間パチンコを止められなかったのは、意志が弱くパチンコエゴに勝てなかったからです。

昨夜も私は、夢の中でパチンコと戦いました。

少しだけならいいや、誰にもばれないし、、、。

でもここでパチンコをすると、脱パチンコしてきたせっかくの今までの苦労が水の泡になる。

夢の中でパチンコエゴとのバトルが続きました。

最終的に勝ててパチンコをしないで目が覚めました。

このブログを書き続けて来たことが大きな力になりました。


仮面ライダーカードと浪費癖

今思い出してみると、私は小学校の頃から金遣いが荒く貯金が全く出来ませんでした。

少しでもお金があると、駄菓子屋に走り仮面ライダースナックやビー玉を大量に買っていました。

仮面ライダースナックは、おまけのライターガードが目的でラッキーガードが出るまで何度も何度も買っていました。

当然小遣いはすぐに無くなりました。

その頃からの浪費癖がつい最近まで治っていませんでした。

また、ライダーカードは友達とパッチンというゲームで取り合いをしていました。

パッチンで勝って珍しいカードを沢山持っていることを自慢していました。

子供の頃から賭け事が大好きだったのでした。



休みの日の過ごしかた

パチンコに狂っていた頃は、朝からパチンコの事で頭の中が一杯でした。

行きつけのパーラーのホームページを見て、どの台を打とうかとわくわくしながら研究してました。

私は、一度パチンコに行くと決めたらもう後には引けません。

嫁や娘の行かないでと言う声を無視して、10時10分前にはパーラーの前に並んでいました。

今は休みの日にはバイトをしています。

時給680円ですが、とても充実した休日を過ごしています。

懐かしのパチンコ台 ゼロタイガー

私は子供の頃から宇宙戦艦ヤマトが大好きで、今もテレビで放映しているヤマトを毎週見ています。

ヤマトに出てくる艦載機のコスモゼロとかコスモタイガーを見るたびに、学生の頃よく打っていたパチンコ台

を思い出します。

ゼロタイガーという戦闘機が役ものになっている羽もの台でした。

下の始動チャッカーに入賞すると中央の羽がエンジン音を鳴らしながら玉を拾います。うまく玉が吸い

こまれ中心のVチャッカーに入ると大当たり、羽が18回、最大8ラウンド繰り返すものでした。

よく羽が玉を拾う台はいい台で小箱1箱を短時間でためることができました。

いかに始動チャッカーに球が入るのかがポイントなので、私もよく台に顔をくっつけて釘の開きを見たものです。

ただし、いい台に座れ打てたとしてもせいぜい2000発出すのが精いっぱいで、当時はすぐに打ち止めにされました。

100円から遊べた台なので、今のギャンブル台に比べお財布に優しい、学生でも楽しめる遊戯台でした。

それでも私はかなりのめり込んだので、せっかく稼いだバイト台もゼロタイガーで全て浪費しました。

1箱出た時点でさっさと止めればいいものを、欲が出て全部玉を入れておりました。

私のように引き際を誤る人間はギャンブルに手を出してはいけないのです。

時給1,200円の牛乳配達

私は30歳のときに牛乳配達のアルバイトをしていました。

パチンコで作った借金を少しでも早く返すためでした。

朝4時から7時までの勤務、時給1,200円で、本業が始まる前に週3回ほどアルバイトをしていました。

仕事の内容よりも、早朝から起きてする仕事なので遅刻しないようにと前日から緊張していました。

配達している最中は、自分で作ってしまった借金のことを深く反省していました。

「パチンコさえしなければこんな辛い思いをすることはなかったのに」と。


2か月位勤務した頃でしょうか、配達の軽トラをきちんとブレーキを掛けなかったために、車が坂道で動いて

しまい人の家の塀に激突させてしまいました。

塀は何ともなかったのですが、車の全部を少しへこませてしまいました。

すぐに雇用主におわびしたのですが、修理代を請求されたので悔しい思いをしながら自分の給料と相殺

して辞めました。

今でも配達していた牛乳をスーパーで見るたびに、当時の苦い思い出がよみがえります。

結局、牛乳配達でのわずかな収入ではパチンコでの借金の返済は全然できませんでした。

パチンコでストレス解消はできない

私は若い頃からストレス解消と理由をつけてパチンコ屋によく行っていました。

仕事で嫌なことがあったときや女性に振られたときに、

「くっそー、パチンコで勝ってこのイライラを解消するぞ!」とパチンコ屋に掛け込んだものです。

たまには勝ったこともありましたが、大抵は大負けしてました。

こういうふうにメンタルが落ちているときって本当に勝てないんですよね。

まさにパチンコ屋の思うつぼ。

店のモニターを店長が見ながら、今日もいいカモが来たぞと、ますます出なくしているようでした。

ストレス解消どころか、お金を散財してストレス倍増してました。

パチンコと家族

脱パチンコ43日目クリアです。

あの夏の日、私が家族ではなくパチンコを取っていれば今頃どうなっていただろうか。

30年続けて来たパチンコパチスロを二度としないと決意するのは、本当に勇気がいりました。

私は過去何度も何度も止めると決めながらも、またパチンコを打ち膨大な借金を作るという愚かな事を

繰り返して来ました。


今可愛い娘としっかりした嫁と一緒に暮らせることを本当に幸せに感じています。

家族を大切に思うならパチンコは絶対にしてはならない。

私がそうであったように、パチンコに狂った人生を歩んでいる方にお伝えしたいと思います。

アルバイトの初任給 9,860円

パチンコで作った借金を少しでも早く返済するために先月からアルバイトを始めました。

時給680円、週末だけなのであまり働けず9,860円でした。

アルバイト代を袋入りで現金で頂いのは何年振りだろうか。

パチンコをしていればほんの30分でなくなる金額だけど、給料袋はずっしりと重かったです。

パチンコを止めて、アルバイトをしてからお金と時間の大切さを実感できております。

いかん、またパチンコの夢を見た

出張中の夢で、私は空いた時間にふらーっとパチンコ屋に入ってしまいました。

ずっと脱パチンコをしていましたが、気が緩み少しだけはいいだろうと打つ店を探しました。

さて打とうと、内ポケットに手を伸ばしたら財布がない!

ヤバイ、すられた。

ショックと脱力感でひどく落ち込みました。

お金もカードも全部なくなったので出張から帰れない、どうしよう。

ずっと脱パチンコをして来たのを、少しだけならと気が緩んだから天罰がくだったんだ。。

夢の中で私は自分の甘い行動をひどく後悔しました。
これまで我慢してきたのが全部無になってしまった。

目が覚めほっとしましたが、あらためて気を引き締めないといかんと反省しました。

私の頭の中にまだパチンコ虫は生きているようです。

今日で脱パチンコ6週間目です。



借金してまで大工の源さん

16年位前でしょうか、当時大人気のCR台「大工の源さん」に私も大はまりしていました。

今はない確変3回ループの台で、5種類の確変図柄で大当たりすると3回の当たりが確定し、普通図柄

で当たらない限り永久に確変図柄が続くという、一攫千金も夢ではないような台でした。

他の客のように私もドル箱を積み上げたいという一心で店に通い続けましたが、軍資金はすぐに底をつきました。

それでもやめられない、いやもっと打ちたい、勝って借金を取り返したいという気持ちはますます増すばかりでした。

当時すでに何社からも借り入れをしていた私はまっとうな消費者金融からは借り入れができず、申し込み

をしたのはマンションの一室で看板も掲げずひっそりと営業していた店でした。

借り入れ条件は、36,000円を借りて手数料や利息で50,000円を翌月一括返済という違法業者ではありましたが、

パチンコをしたいがために借り入れを行いました。

何社も断られた末にやっとここから借り入れできたので私はとっても喜びました。

翌月の返済のことは考えず、この店に感謝しました。

「さあ、一発大逆転だ、取り返すぞお!」と借り入れできた36,000円を持ちホールへ走りました。

そして大喜びで大工の源さんを打ったのでした。

「お願い当たってえ」と心の中で祈り続けましたが、結果はいつもの通り、すぐに財布の中は底をつきました。

むなしさと後悔の念でいっぱいになりながら満員電車に揺られ帰ったのでした。

私とパチンコどっち取るの?

25年前のお話です。

当時付き合っている女性がいたのですが、最初はドライブや食事などをしてパチンコ抜きの生活をしていました。

次第にパチンコ屋に二人で入るようになりました。

彼女は隣に座り自分が打つのをじっと見ていました。

そのような事が数回ありましたが、ある日彼女が真剣な表情で訴えて来ました。

「私とパチンコどっち取るの?」

「もちろん君に決まっているだろう!」と答えましたが、

愚かな私は、パチンコを取ってしまいました。


パチンコとタバコの煙

私は昔からタバコを吸いません。だから、タバコの煙が大嫌いです。

でも、パチンコは30年間大好きでした。

風邪を引き、咳が出ていてもマスクをしてパチンコを打ち続けていました。

そういうときに、隣からタバコの煙が流れてくるとさらに咳が出ました。

私は、大げさにゴホンゴホンとさも苦しそうなジェスチャーで、隣の客にタバコを止めろと訴えていました。

ほとんどの客は私に気づき、急いでタバコの火を消してくれましたが、我まったく関せずという客もいました。

「タバコが嫌ならパチンコすんなよ。」と心の中で私に言っているようにも思えました。

でも、私はその頃パチンコが大好き、タバコの煙なんかに負けてたまるかと思っていました。

タバコの煙にイライラしながら、ハイペースでお札をばんばんサンドに入れていました。

今思い返せば、隣にヘビースモーカーがいるときはまず勝てませんでした。

人のふり見て我がふり直せ

脱パチンコ37日目です。

私がパチンコにはまっていた頃は休みの日には朝9時30分位からパーラーの前に並んでいました。

他にも並んでいる客が何人もいたのですが、私はその人たちを見ていつも思っていました。

「朝っぱらからよく来るなぁ、ほんとに暇な人たちだ。この女性は家事をしなくていいんだろうか。

このおじさんいつもいるなぁ、よくそんなお金があるよ。この兄ちゃんは他にすることないのかな、若いの

に、、、」 などと。

自分のことを棚に上げて、人の事ばかりを悪く思っていました。

店の中でパチンコを打っている最中も同じことを考えていました。

知っている人がいると、「この人また来てるよ。どうせお金を捨てるだけなのに。」

ときには、「マスクしてまでパチンコするなよ。顔はすっかりばれてんだから。逆に目印になってるぞ、、、」などと。

そういう自分もマスクや帽子をかぶり変装してスロットを打っていました。

今考えると自分のことが滑稽でとても恥ずかしいです。

またパチスロの夢を見た、、

脱パチンコ36日目です。

すっかりパチンコパチスロから足を洗ったつもりでしたが、昨夜パチスロを打っている夢を見てしまいました。

台の機種は北斗、鮮明に映像が出て来ました。

打ちながら自己嫌悪に陥っていました。

やばいやばい、まだ私の頭の中からパチスロの魔力が抜けきっていないようです。

パチンコ歴30年、今度こそ本気で止めたので私は負けません。

くじの日

今日はくじの日。

以前私は、パチンコの負けを取り返そうと宝くじを毎週買っていました。

ナンバーズや、totoなどで月に20000円は使っていました。

一攫千金、一発大逆転を夢見て買い続けましたが、世の中甘くありません。

私の悪い癖が出て、クレジットカードを使ってまで買い続け借金は増える一方でした。

楽して稼ごうという考えが大まちがいでした。

パチンコ必勝法

昨日で脱パチンコ34日目です。

丸1ヶ月パーラーに行かなかったのは、30年振りかも知れません。

夢中でパチンコを打っていた頃は、勝った月もありましたがほとんど毎月マイナスでした。

10万以上負ける月も何回もありました。

負けを取り返そうと、数十万の攻略法を購入して実践しましたが効果なし。さらにマイナスを増やす結果に。

私の先月の戦績はプラスマイナス0。

パチンコ必勝法はパーラーに行かないことです。
とおるおすすめ
クリックお願いします。
プロフィール

とおる

Author:とおる
パチンコ歴30年、つい最近やっと足を洗うことができました。
自分に本当に大切なものを失いかけていたからです。
過去何度も繰り返してきたパチンコ依存症を完治すべく、私の失敗談を綴り続けたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブログ村
t
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR